浮気調査を依頼する探偵の選び方のメソッドとは

浮気調査の依頼先を悩む

探偵に浮気調査を依頼する方の多くは、はじめて依頼をする方です。
そして、探偵にはじめて調査を依頼するとあって、いろんな不安を抱えていらっしゃいます。

「この探偵は安全なのか、騙されたりしないだろうか」
「すごく高い料金を請求されたらどうしよう...」
「浮気の証拠が手に入らないかも」

このような不安を抱えたままで探偵を選ぼうとしても、なかなか探偵を決めることができないと思います。

そこで、探偵選びに不安のある方が、安心して浮気調査を任せられる探偵を見つけるために、探偵の選び方の法則を簡単にご紹介しようと思います。

探偵の選び方 3つのメソッド

1.浮気調査の料金相場

浮気調査を依頼する方が一番気になるのが、浮気調査の料金です。
浮気調査のご相談でも、まず「料金はいくらか?」を確認すると思います。

この浮気調査の料金では、各社の調査料金を比較する前に、浮気調査の料金相場を確かめることが大事です。

浮気調査の料金相場ですが、いろんな場所から情報を集めることで、平均の料金相場を知ることができます。

30万円~50万円
※時間にすると18時間、日数は3日ほど

この料金相場から、70万円の浮気調査なら少し割高、100万円を超える浮気調査はかなり高額というように、探偵の料金が高いか安いかを判別することができます。

しかし、この料金相場を使った探偵の選び方には注意点があります。

注意点①:

あくまで料金相場なので、個人の事情には配慮されていない。


注意点②:

料金相場より安い料金の探偵が全て優良店とは限らない。


探偵に相場よりも安い料金で浮気調査を依頼できたとしても、調査に失敗したり、後から高額な追加料金を請求されるといった可能性は少なからず存在します。


2.適正な調査員の人数と時間

浮気調査を行うにあたって、どれだけの人と時間を使うかは、探偵事務所、依頼者の事情によって違ってきます。

調査員が2名という探偵もいれば、調査員が5名という探偵もあります。
調査時間が30時間という探偵もいれば、調査時間が100時間という探偵もあります。

調査員の人数と調査時間がどれだけ必要なのか、適正な人数と時間を知るのは大切なことです。

この適正な調査員の人数と時間ですが、一般的な浮気調査で調査員は2名~3名。
調査時間は、36時間~60時間と言われています。

調査員の人数は、多ければ多いほど良い結果になると思われている方がいますが、これは間違いです。
調査員の人数が増えると、調査員同士の連携が上手くいかず、浮気調査の効率が低下します。

また、調査時間では一般的な調査時間を大きく超える時間、例えば、数ヶ月間の浮気調査を依頼者自らが希望しない限り、100時間を超えて調査を行うのは無駄が多いと思われます。

これらのことから、適正な調査員の人数と時間で注意することをあげると。

参考:浮気調査を依頼する探偵比較の極意!浮気調査ランキング

注意点①:

調査員が5名以上は多すぎる。2名~3名が適正な人数。


注意点②:

調査時間が100時間を超過することは稀。100時間を超える場合は調査時間を見直す。


調査員の人数と調査時間は、探偵が提示した人数と時間をそのまま受け入れてしまう人もいます。
その人数と時間を簡単に信じてしまうのではなく、調査員の人数と調査時間がどれだけ必要なのかを知っておくことが大切です。


3.料金プランと契約内容の違い

最後に、料金プランと契約内容の違いです。

料金プランは、探偵がそれぞれ料金プランを用意しています。
時間プランや成功報酬プラン、完全成功報酬プランなどです。

この各プランには特徴があります。

時間プランの場合、20時間でいくら、30時間でいくら、というようにあらかじめ決められた時間で浮気調査を行います。 特徴として1時間の単価が他のプランより高く設定されています。

成功報酬プランの場合、実際に浮気調査を行った料金とは別に、成功報酬が決められています。 1時間の単価は時間プランより安いですが、成功報酬の金額は各社で違います。

完全成功報酬プランの場合、実際に浮気調査を行った料金と成功報酬が全て含まれた料金プランです。 調査が失敗した場合は、料金の支払いが0円になるか、総額の何%を返金というように違いがあります。

料金プランが違うということは、契約内容も若干違ってきます。

特に完全成功報酬プランや成功報酬プランでは、調査の成功条件を探偵と事前に話し合いをして正確な内容を契約書に記載してもらう必要があります。

契約書は、調査対象者が誰か、調査員の人数、調査時間、調査の方法、浮気調査の成功条件とそれぞれの項目で依頼者が確認を取るようにしてください。

注意点①:

浮気調査を依頼する探偵がどんな料金プランで浮気調査を行っているのか確認してください。


注意点②:

契約内容は契約書をよく読み、契約内容を依頼者が理解し、納得できる物か確認してください。


契約内容に不備があったり、料金プランの説明が不十分の場合、探偵事務所として信用が低い業者と言わざるを得ません。
調査内容の確認はもちろん、料金プランと契約内容の確認を十分行ってから浮気調査を依頼するようにしましょう。


ここでご紹介した3つのメソッドを確認した上で、どの探偵に浮気調査を依頼したらいいか選んでみてください。
探偵の選び方で困ったときは、3つのメソッドを思い出して、信頼出来る探偵を探してみてください。